久留米大学医学部 内科学講座腎臓内科部門

研修プログラム

トップページ > 研修プログラム > 初期研修プログラム

初期研修プログラム(1~2年目)TRAINING PROGRAM

久留米大学初期研修について

久留米大学初期研修について

研修期間は2年間です。久留米大学病院は管理型臨床研修病院であり研修協力病院・施設と臨床研修病院群を形成しています。研修はそれらの病院にて行いますが、特色は2年間に大学病院と一般病院との両方での研修を盛り込んでいることです。基本研修、必修研修の科は決められていますが、そのなかで可能な限り希望を取り入れる予定です。プログラムBは希望選択科を1年次に研修するものです。当大学は出身大学も多岐に亘り、症例数も豊富です。腎臓内科を希望して頂くと、以下の様な研修が受けられます。

あらゆる疾患に対応できるgeneralistとしての医師の育成

あらゆる疾患に対応出来るgeneralistとしての医師の育成

腎疾患は全身隈なく診ることが要求されます。腎疾患を窓口として、問診、診察、検査結果の見方、等を複数の優秀な指導医の下でじっくり学んで頂きます。循環器、消化器、感染症、膠原病、血液疾患、いずれも腎臓内科で異常を発見して専門の先生と共診する機会が多くあります。

将来の目的やビジョンを考えた研修

将来の目的やビジョンを考えた研修

指導医は関連病院で百戦錬磨してきた医師または大学院卒業の医師であり、医師としての経験や人生経験も豊富です。そのなかで、逸早く将来の目的やビジョンをはっきりさせ、それに向かって躍進するのを全面的にサポートします。結婚や出産を経験した女性医師も活躍しており、ロールモデルも多彩です。一人ひとり将来は違うので迷うのは当然です。ぜひ、気軽に相談してください。

専門医(後期)研修を見据えた手技、技術の修得

専門医(後期)研修を見据えた手技、技術の修得

初期研修は内科の基礎を中心に行いますが興味を持った場合はPTA、シャント造設術、腎病理、血液、腹膜透析、IVH・透析カテーテル挿入術等多岐に亘り深く学ぶことができ、専門医研修を見据えた知識を習得します。

連絡先

1-3ヶ月で当科の魅力を全て伝えることはとてもできませんが、百聞は一見に如かず、です。
<久留米大学腎臓内科は雰囲気が良く、内科医として最適の研修場所だ>ということを、ぜひ初期研修の間に体験してみてください。後悔はさせません。

久留米大学医学部内科学講座腎臓内科部門
医局長 柴田 了(しばた りょう)
TEL: 0942-35-3311 (内線5346)
Email: ikyokucho@jin-jin.jp

研修医見学会